おまとめローンの利用は余裕がある人に向いています

おまとめローンを利用すれば、低金利で借り換えが出来るので、返済が楽になると考えている人が多いです。しかし、おまとめローンの利用目的として毎月の返済額が少なくなる方向で考えることはハイリスクだと認識しておかなければなりません。なぜなら、金融会社はおまとめローンを利用して返済している状況が、個人信用情報機関を参照することですぐに分かってしまうからです。

おまとめローンの借入を行った際には、既存の金融会社に対して一括返済を行います。新たな借入額と同じ金額が、分散されて一括返済されている事実が個人信用情報機関へ登録された状況から分かるので、おまとめローン利用中は新たな借入が出来ないと考えておくと良いでしょう。新規貸付を行ってはならないという決まりはありませんが、金融会社側でおまとめローン利用中の人に対する新規貸付を自粛しているためです。

与信力が十分にある状態でおまとめローンを利用すれば、毎月の返済額を借り換え前と変えずに返済が出来るので、総利息自体を大幅に減らせます。元金が減った分だけ、利息を減らすことが出来るので、支払い回数を減らす方向性で返済計画を立てて行けば良いわけです。銀行カードローンをおまとめローンとして利用する方法ならば、法律上定められたおまとめローンでは無いので、返済方法次第では他の金融会社におまとめローンを利用したと分からないように借り換えが可能となるでしょう。