女性が利用しやすい専用のキャッシング

消費者金融は誰でも安全にお金の融資を受けることができるサービスですが、女性の場合は消費者金融を利用しにいくと考える場合が多くあります。女性専用キャッシングでは、そんな女性でも簡単に利用できるように、様々な工夫をしてサービスを展開しているので、女性の場合は利用してみても良いのではないでしょうか。

女性専用キャッシングと、普通に利用するキャッシングの違いを比較してみると、キャッシングの金利などの条件に違いはありません。実際に利用する為には、普通のキャッシングと同じように申し込みを行う事になります。

申し込みは店頭、電話、インターネットで申し込みができますが、インターネットの場合は女性専用キャッシングを利用しなくても、誰でに顔を合わせずに申し込みを行うことが可能なので、普通のキャッシングを選んでも問題はないでしょう。

店頭に行きたい場合は女性専用キャッシングを選ぶことで、対応を女性スタッフが行ってくれるので、相談しやすい雰囲気で、キャッシングの申し込みが可能になります。また利用する中で、増額などを検討する際も女性スタッフの方が相談しやすいのではないでしょうか。どちらを利用するにしても使い方などにも気をつけながら、確実な利用を心がけるようにしましょう。

銀行カードローンの過剰融資問題について

以前から疑問に思っている人がたくさんいたと思われますが、カードローンについて消費者金融は総量規制が適用され、銀行には総量規制が適用されないということです。銀行と消費者金融のカードローンは金融商品として大きな違いはありません。それにもかかわらず総量規制の導入については差別的な導入になっているのです。

理屈はありました。もともと総量規制の導入については多重債務者を作らないという政治的な意図があったことです。多重債務者問題が大きな社会問題になったのは消費者金融が限度をわきまえず、債務者に過剰な融資をしていたことが大きな原因だったからです。銀行はしっかりとした審査を行うので、そのような問題を起こさないだろうと考えられたということでしょう。

しかし、金融庁の銀行カードローンについて実態調査をしたところ、銀行の過剰融資問題が表面化しました。銀行は過剰な融資を抑制する自主規制をすることにしているようですが、ここに至っては自主規制などを信用するわけには行きません。すでに消費者金融に総量規制が導入されているのですから、銀行にも総量規制を法律的に導入しても問題はないと思われるのですが、どうしてそういう議論にならないのでしょうか。