キャッシングやカードローンの増額申し込みについて

キャッシングやカードローンを利用する場合には必ず業者から審査に通過した後に、一定の利用限度額が設定されることになります。特に初めてのキャッシングやカードローンの利用時においては、個人の信用情報などによって違いはありますが、利用する本人の希望したような大きな利用限度額が設定されることはまずないと考えたほうがいいでしょう。

それでもある程度の利用限度額が設定されたならばいいのですが、少ない額の利用限度額では限度額の増額を考えることでしょう。それ以外にも、別の業者に新しくキャッシングやカードローンの申し込みをすることも考えられないこともありますが、まずはすでに利用している業者に増額申込をすること優先する方がいいでしょう。

すでに利用している業者に増額申込をして、その増額申込の審査に通過しないとしても、増額申込の審査の結果は信用情報に影響を与えることは一切ありませんから、増額審査に落ちても別に大きなマイナスとはならないのです。他の業者の申し込みをして審査に通らないということになれば、信用情報にマイナスの履歴として残ってしまいますから、他の業者に新しく申し込む前にまず増額申込をしてみることが常道なのです。

カードローンはとても利用しやすい

カードローンを利用してみて感じたことはとても身近なものだと感じました。最近ではコマーシャルでもアコム、プロミス、モビット等の消費者金融系のカードローン、三井住友、バンクイック、みずほ等の銀行系のカードローンが様々にテレビで当たり前に見るようになり、特別なものではなくなり皆さんに認知されるようになりました。

さて今述べた消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンとふたつの種類のカードローンをあげましたがふたつの大きな違いは「総量規制」があるかどうか。と言うことです。カードローンを利用する際に年収の1/3まで借りられます。と聞いた事はないでしょうか?

一昔前は特に規制がなかったのですが、この総量規制が出来てからは年収の1/3以上は借り入れが出来ないということになりました。借りたら返す事が当たり前ですから無計画な借り入れは出来ませんということですね。そしてその総量規制は消費者金融系のカードローンに当てはまります。

銀行系のカードローンは?というと実は総量規制外なのです。銀行は何と年収の1/3を越える借り入れが出来るのです。ひとつの参考にしてもらえばいいと思います。しかし、借り入れが出来るからと言っていくらでも借り入れが出来るわけではありません。それまでの他社の借り入れ状況や返済状況、遅れやトラブル等無かったか、審査はきちんとされます。

どちらにしても最近は即日で借りられるカードローンもたくさんありますので、「計画的に」利用すれば生活にとても助かる事は間違いありません。インターネットでも簡単に審査がありますので、是非やってみてください。