カードローンはとても利用しやすい

カードローンを利用してみて感じたことはとても身近なものだと感じました。最近ではコマーシャルでもアコム、プロミス、モビット等の消費者金融系のカードローン、三井住友、バンクイック、みずほ等の銀行系のカードローンが様々にテレビで当たり前に見るようになり、特別なものではなくなり皆さんに認知されるようになりました。

さて今述べた消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンとふたつの種類のカードローンをあげましたがふたつの大きな違いは「総量規制」があるかどうか。と言うことです。カードローンを利用する際に年収の1/3まで借りられます。と聞いた事はないでしょうか?

一昔前は特に規制がなかったのですが、この総量規制が出来てからは年収の1/3以上は借り入れが出来ないということになりました。借りたら返す事が当たり前ですから無計画な借り入れは出来ませんということですね。そしてその総量規制は消費者金融系のカードローンに当てはまります。

銀行系のカードローンは?というと実は総量規制外なのです。銀行は何と年収の1/3を越える借り入れが出来るのです。ひとつの参考にしてもらえばいいと思います。しかし、借り入れが出来るからと言っていくらでも借り入れが出来るわけではありません。それまでの他社の借り入れ状況や返済状況、遅れやトラブル等無かったか、審査はきちんとされます。

どちらにしても最近は即日で借りられるカードローンもたくさんありますので、「計画的に」利用すれば生活にとても助かる事は間違いありません。インターネットでも簡単に審査がありますので、是非やってみてください。

キャッシング 審査で話し合いをする

キャッシングするときかならず審査申込みし、その後審査結果で合格しないとローンをくめません。そして一般胃は利息が低い大手銀行は審査が厳しくて、消費者金融は金利高い目ですが、審査はゆるいです。そして消費者金融中、大手や中小では大手のほうが慎重で、中小は審査が緩め。

当然ゆるいほど利息が高かったり、借りる側も有利でないことがありますが、それでも大手銀行の審査に通らない時お金が必要なら、より通りやすい業者を選ぶことが大事。そこで中小企業の特徴で、債務整理経験者、他社に借金があったり、好条件の金融業者の審査に通らなかった原因も持った顧客に対し積極的に貸し出しをしている傾向が。

それも中小企業は多少利用客にトラブルがあってもかさないと経営が苦しくなってしまうからです。そして審査を適当にしているのではなく、借金が多すぎたり、無職で返済能力がない人は通りません。ですが、過去借金に関してすこし失敗した人となら、話し合いで貸し出してくれることもあります。

そして、実際利息に関し、小口キャッシングは、利息制限法に基づく経営で、大手と変わらず、ネット経由で申込みできて、大口キャッシングなら、若干利息が高い印象があるぐらいで、自身の状況次第で中小業者を扱うことに、デメリットは少ないです。

ホワイトなのに審査に落ちる理由

キャッシングの審査で稀に多重債務でないどころか、他の消費者金融からも摘んでいないのに審査に通らない人がいます。そういったホワイトな人達が審査に落ちる意外な理由をご紹介します。

・何社も同時に貸金業社を回っている

現在は借り入れてなくても他社で複数社審査に行っている情報は把握されてしまいます。申込ブラックと言われ、いきなりお金が必要になったのはおかしい、夜逃げでもするつもりではと訝しげに思われます。3ヶ月位すると情報から消えますので、今度は一社で申し込むといいでしょう。

・知らない内にブラックリストに入ってた

学生時代、携帯電話の料金を滞納したことはありませんか。それが機種代分割払いで61日以上滞納していたら、貴方は ブラックリストに載っています。7年間は借り入れができないでしょう。そうならないためにも、学生だからといった甘えを捨てて、いち成人として毎月の収入支出をしっかり管理しましょう。

思わぬ行動でブラックリストに乗らないよう、節度ある行動をして下さいね。

消費者金融の審査ルール

消費者金融とは、原則的には審査をして、お金を貸すかどうかを決めるわけです。では、どんな所を見られるのか、というとまずは今までどの程度、借りたことがあるのかです。

他のところから借りていることを摘んでいると呼びます。別に余所から摘んでいようと問題ないレベルであればまったく気にしないで良いです。具体的にはしっかりと返しているならば問題ないです。但し、まだ返している途中である、或いは延滞の記録があったりしますとさすがに貸すのが厳しくなります。

何しろ、まだ借りている上に返済が滞っている、と言うのは貸し付ける相手としてはリスキーになるからです。そこをよく知っておいて、申し込みをしたほうがよいです。しかし、これは自力で変えることができる情報ではありませんし、日頃の行いことが重要になってくるわけでもあります。消費者金融から借りる時にはこうした審査を受けることになります。

それは覚悟しておくべきであり、借りる時には自分の金融信用情報が試されます。